X線グリッド につて

X線グリッドとは、「ブレンデ」とか「バッキー」とか呼んでいる人もいますが、正式な名称はX線グリッドでいいと思います。
このX線グリッドとは、カセッテの上に載せて使用する板状の物です。この役割は、X線検査時に二次散乱線を防止しよりクリアーな画像をつくるのための物です。構造は、X線を透さない鉛の板とX線と透すアルミや紙(木)窓のブラインドと一緒でブラインドのように一定の方向からの光(X線)を通すことで、散乱線がフィルムへ到達しないようにしているものです。

「ブレンデ」とは、X線グリッドの別名でありますが、X線グリッドをさして呼ぶ呼び方としては一般的ではないかもしれません。「バッキー」という言葉は、X線グリッドの分類の時使われる言葉で、リスホルム・ブレンデ(静止形)とブッキー・ブレンデ(移動型)という分類の時にこれらの言葉が使用されます。なぜなんでしょう。
使用は、一般的には、撮影する対象物が10cmより厚い時に使用します。生体の厚みが厚くなるほど散乱線が`発生するためです。構造は比較的簡単で、アルミや鉛の細長い板を交互に挟んでX線を一定方向からのみ受け入れられるようにしたものです。ただし、10cmを超えても骨関節系や頭部の撮影には使用しない方が良いと考えます。
このため「10cm以下の部位には使用する必要がありません」というより、使用しないでください。どちらかというと、「10cm以上の部位にグリッドを使用しましょう」という考えです。グリッドを使用しないで済むならそれに越したことはありません。せっかく撮影したフィルムに細かい線が入ってしまうからです。

 


最近ではCR(コンピュータX線撮影、Computed Radiography)とかDR(デジタルX線装置、Digital Radiography)することが多くなり、X線グリッドを使用しなくても比較的きれいな画像をつくることができるようになったために見かけることがなくなったと思います。
しかし、実際にX線フィルムを使用している動物病院も多く、私のところに読影依頼で送ってこられるX線フィルムにも様々なフィルムがあり実に楽しませていただいてます。以前はグリッドを逆さまに使用していることもありました。
一番の問題点は「X線グリッドを使用すると線が入る」と言うことです。骨格や関節の細かい構造を見るためにはこの線が邪魔になります。そのため、グリッドを使用して撮影された場合、関節周囲の細かい骨変化や骨の骨膜反応などが確認できないこともあり、正確な読影ができないこともあります。
「散乱線を減らすためにはX線グリッドは必要ですが、骨関節や頭部の撮影には使用しない」と言うことをお忘れなく。
参考HP:
http://www.jichi.ac.jp/usr/radh/admnradh/kennsyu3.htm

以下の本も参考にしてください。