呑気

これをなんと読むか?

例文で見た方がわかりやすい。

1. 彼は呑気だ。

2. この猫は呑気している。

1.はもちろん「のんき」と読む。意味は、「のんびりとしていること」というような意味になる。

2.は?

 

「どんき」と読む。意味は・・・「空気やガスを飲み込むこと」となる。そのため「どんき」と読む人は医療関係者であることが多い。

犬や猫は、基本的に鼻呼吸である。鼻で呼吸ができるうちは何も問題がない。犬はパンティングするので、これをしているときは口呼吸である。

でも、鼻炎なんかを起こして鼻づまりになると、口で呼吸しなくてはならない。そうなると、口呼吸が上手くできない犬や猫は、空気を幾分か飲み込んでしまうのである。すると、食道の中や胃まで空気で一杯になってしまう。さらに、犬や猫はゲップの上手ではないので、胃から少しずつ空気を後へ送って小腸や大腸にガスが充満してしまう。空気はほとんど吸収されないので、おならになって出る以外では、胃腸に溜まってしまう。これで、元気がなくなったり食欲不振にったるすることもある。

呑気の原因は、鼻づまりだけではなくパンティングだったり歯や口の中の病気などで唾液を飲み込むことで、ガスが消化管の中に流れ込んでしまう。

人では呑気症とか空気嚥下症といわれていて、胃の不快感や痛み、お腹の張り、げっぷやおなら、おなかからの音なんかが見られる。

呑気症でAmazon見ると

X線グリッド につて

X線グリッドとは、「ブレンデ」とか「バッキー」とか呼んでいる人もいますが、正式な名称はX線グリッドでいいと思います。
このX線グリッドとは、カセッテの上に載せて使用する板状の物です。この役割は、X線検査時に二次散乱線を防止しよりクリアーな画像をつくるのための物です。構造は、X線を透さない鉛の板とX線と透すアルミや紙(木)窓のブラインドと一緒でブラインドのように一定の方向からの光(X線)を通すことで、散乱線がフィルムへ到達しないようにしているものです。

「ブレンデ」とは、X線グリッドの別名でありますが、X線グリッドをさして呼ぶ呼び方としては一般的ではないかもしれません。「バッキー」という言葉は、X線グリッドの分類の時使われる言葉で、リスホルム・ブレンデ(静止形)とブッキー・ブレンデ(移動型)という分類の時にこれらの言葉が使用されます。なぜなんでしょう。
使用は、一般的には、撮影する対象物が10cmより厚い時に使用します。生体の厚みが厚くなるほど散乱線が`発生するためです。構造は比較的簡単で、アルミや鉛の細長い板を交互に挟んでX線を一定方向からのみ受け入れられるようにしたものです。ただし、10cmを超えても骨関節系や頭部の撮影には使用しない方が良いと考えます。
このため「10cm以下の部位には使用する必要がありません」というより、使用しないでください。どちらかというと、「10cm以上の部位にグリッドを使用しましょう」という考えです。グリッドを使用しないで済むならそれに越したことはありません。せっかく撮影したフィルムに細かい線が入ってしまうからです。

 


最近ではCR(コンピュータX線撮影、Computed Radiography)とかDR(デジタルX線装置、Digital Radiography)することが多くなり、X線グリッドを使用しなくても比較的きれいな画像をつくることができるようになったために見かけることがなくなったと思います。
しかし、実際にX線フィルムを使用している動物病院も多く、私のところに読影依頼で送ってこられるX線フィルムにも様々なフィルムがあり実に楽しませていただいてます。以前はグリッドを逆さまに使用していることもありました。
一番の問題点は「X線グリッドを使用すると線が入る」と言うことです。骨格や関節の細かい構造を見るためにはこの線が邪魔になります。そのため、グリッドを使用して撮影された場合、関節周囲の細かい骨変化や骨の骨膜反応などが確認できないこともあり、正確な読影ができないこともあります。
「散乱線を減らすためにはX線グリッドは必要ですが、骨関節や頭部の撮影には使用しない」と言うことをお忘れなく。
参考HP:
http://www.jichi.ac.jp/usr/radh/admnradh/kennsyu3.htm

以下の本も参考にしてください。

低線量の影響

低線量(0.5~2Gy)の放射線被曝であっても、脳卒中と心疾患による死亡リスクが高まる
と言う研究結果があるらしい。多分低線量被爆とはX線検査のレベルではなくて、コンピュータ断層(CT)検査のことなのでしょう。日本の医療では頭部や胸部などの検査は頻繁に行われるようになってきているようなので、脳卒中と心疾患に関するリスクが上昇するというのは致命的であると言えるのでしょう。通常、CTの一般検査での被爆が1Gy未満(0.2Gy未満の被爆が86%とほとんど)であることを考えると、1Gy未満の被爆が脳卒中や心疾患のリスクがあがるのかという関するデータは重要なことになる。
研究自体はデータの関係上いわゆる1Gy未満に限ったものではないので、低線量被爆のどの程度の範囲でそしてそれぐらいのタイムスパンでのことから来るリスクなのかさらなる研究に期待と言うことだね。
動物業界ではあまり関係のないことだったね。
でも、低線量の被爆でも結構人体に影響があると言うことを知っておく必要があると思う。

XP

XPというといまでは一般の人ではWindowsXPのことであると考える人も多いと思う。しかし、医療関係者あるいは獣医療関係者XPはX線検査あるいはそのフィルムことであったりする。だから、カルテにXPと書いてあるとX線検査をしたと言うことになる。このXはX線のXであり、PはPlateから来ていると言うことらしい、かつてX線検査のフィルムはプラスティックであり、その前はセルロイド、更に前はガラスであった。ガラス表面に、乳剤を塗って使用していたらしい。そのときのガラスをPlateと言っていて、XPと言われるようになったと言うことだそうである。
日本では一般ではX線検査のことを、いまだにレントゲン検査と言う人が多い。英語では、Roentgenという言葉は通常使用せず、RadiographyあるいはまれにX-rayという表現を使用する。「Roentgen」とは言わずとしれたこのX線の発見した博士の名前であるが、この博士の発見した放射線を「Roentgen」という表現はせず、「X-ray」あるいは「Xray」を使用している。(Roentgen博士もX-rayと呼んだし、X-rayと呼ばれることを望んでいたようである。)そして、このX-rayを使用する検査をRadiographyと表現する。
このRadiograpyはRadio-(放射線)を使用した-graphy(写真)であることから造られた言葉である。ちなみに通常の写真は英語でPhotographであり、このPhoto-は光のことでありそれに-graphをつけてるくられた言葉である。ちなみに顕微鏡写真は、Micrographという言葉が使用される。電子顕微鏡写真は、Electromicrographtとなる。
「レントゲンを撮りました。」なんて言われるとちょっと寂しい。でも、「X線撮りました。」と言われても違和感がある。たぶん「X線検査を行いました。」と言うのが正解なのだろう。それでもやはりちょっと的外れのような気がするが・・・。その検査を適切に表す言葉がないのが実情である。英語では「take a radiograph」でOK。(Radiogramという表現もある) 私の師匠1号は、X線撮影をしてもらうときによくふざけて「Nuc’em」(NucはNuclearという核を意味していて’emはいわゆるThemのこと、あわせると放射線を浴びせろと言う意味になると思う)と言っていた。確かに日本語で「エックス線」と言うより「レ線」と言った方が言いやすいね。
とある動物病院では、撮影回数を表記するのに「曝射」という言葉を使用している。そのため、カルテに撮影回数か表記するに「~曝射」だか「~曝」と書いている。間違えて「爆」って書いちゃいそう。いずれにしても簡素化していくカルテ表記もある意味逆戻りだなーってかんじする。ちなみに英語ではshotを使用するので「~shot(s)」って書いておけば少しは簡単のような気がする。使用したフィルム数と撮影回数を表記しておくので 2 films 4 shots とあればたいがい2枚のフィルムをそれぞれを分割して使用して4回「曝射」したことがわかる。